スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほろ苦い秋・・番外ありです


そるです。こんにちは。
朝晩すっかり涼しくなりましたね。

5時台の散歩だと上着が欲しいくらいだって、パパが言ってました。

お散歩のワン友も減ってきたみたい。
遅い時間にシフトしてきたのかなぁ。
それでも、何匹かのワンさんとは毎日、ご挨拶しています。

20110908-IMG_7462.jpg
晴れた日でもちょっと暗めです。空は青空、秋晴れの一日になりそうですよ。


20110908-IMG_7428.jpg
すっかり日常の光景になった「早朝散歩のそるクン」


小さな起伏がある、お散歩コース。
下りは、ちょっと楽ちん。
思わず、笑顔がこぼれちゃう。

20110908-IMG_7480.jpg
お気づきの人もいるかと思いますが、
そるクンのクセの一つ。
歩くとき左手が内側に曲がります。
ちらりと見える肉球がカワユイです(そるパパ)





-- そるパパよりお知らせ --

そるクンのブログですが、ここで鎮魂を込めて、書かせていただきます。

9月7日はそるクンの姉ワン「ぴあ」ちゃんの命日でした。
1年前の夜8時過ぎ、病魔と最後まで闘いながら、
最期は穏やかにパパの膝の上で、静かに旅立ち、星になりました。
ひまわりのような明るい子だったので、ひまわりを供えました。


20110907-IMG_7396.jpg
上の姉ワンとともに、いつも我が家を見守ってくれています。
大好きだった台所の片隅で。



20110908-IMG_7457.jpg
秋の空を気持ちよく駆けているのでしょうか。
大好きだったボールを追いかけて。



そるクンとの出会いは運命でした。

ぴあちゃんとの別れも運命だったのでしょう。


ぴあちゃんは、一日一日を大切に生きることを教えてくれました。

生あるものは、いつか・・・。

だからこそ、今を大事にしないといけないんだと。


そるクンと出会ったとき、直感がありました。

幸せそうに膝の上で旅立ったぴあちゃんと、
あまりにも残酷な運命を背負わされてきたそるクンとの対比が
ココロを激しく揺さぶりました。


思えば半年を過ぎた2月半ばに出会ったそるクン。

引き合わせてくれたのは、ぴあちゃんかもしれません。

いつまでも私の事で悲しまず、前を向いて、
私への思いを苦しんでいる仲間に分けてあげてね、
っていう思し召しかもと。






しかし、そんな気持ちは、今や思い上がりだと気づきました。

多くの思いを分けてもらっているのは、私たちの方だったのです。

そるクンは、とても優しい男の子です。

我が家の新しい「ひまわりクン」なのです。



20110907-IMG_7414.jpg
姉さんワンの下に、そるクンの居場所があります。
いつもそこから笑顔で姉ワンを見上げています。


ありがとう、ぴあちゃん。

そるクンを見守っていてね。


-- そるパパ --






なんか、しんみりしちゃったけど、ボクがいるからね。パパ、ママ。

次号からは、普通の「こぎつぶ」に戻りまーす。

みなさん、ボクの活躍を見守ってくださいね。


そる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。